生活に危険を及ぼす鳩からの被害❘駆除業者が改善の鍵になる

女の人

気になる鳩の習性

鳩

鳩からの被害を防ぐ為に、早期的に駆除業者を雇いましょう。多くの人が問題として抱えている鳩の被害は、放置していても落ち着くどころか悪化していくでしょう。鳩は、身近な家族や仲間達と生活を続けていきます。できる限り、常に安全な状態を確保できる場所を好むので、一度住処として気に入った場所から何が何でも離れないでしょう。また、鳥獣保護法に守られている事実があるので、実質自分達の力だけで鳩の駆除を徹底的に行なうことは困難だと言えます。その点、駆除業者はそういった心配もなく効果的に鳩を駆除するでしょう。鳩の行動パターンは明け方から夕方までと言われていて、日没を迎える夕方前には巣に戻ってきて睡眠体制に入ろうとします。捕獲をするならこのタイミングが狙いやすいでしょう。

鳩は昼行性となるので、夕方から夜に掛けては機敏に動くことができません。そんな中、霧状の忌避剤を撒かれ、防鳥ネットと捕獲箱を設置されるとひとたまりもありません。そういった駆除作業を、共に生活している鳩の仲間達を全て捕らえるまで繰り返していきます。場合によっては、駆除作業が1日で終了しないこともあります。しかし、駆除作業に掛かる費用が最初に出された見積もりから変動することはほぼないので、加算の心配もなく任せられるでしょう。鳩は人気がないことも重要とするので、急を要するときは有人の住宅を選びますが、無人である空室状態の住宅も狙われやすいものです。物件を所有しているオーナーは、空室のまま放置している部屋がある場合、気づいたときには鳩からの糞害まみれということにならないよう、ゼリー状の忌避剤の塗布や防鳥ネットの設置など試みておきましょう。