生活に危険を及ぼす鳩からの被害❘駆除業者が改善の鍵になる

女の人

鳩がもたらす被害

マンション

人の住宅に住み着いた鳩は、ありとあらゆる被害をもたらしてきます。その被害の中には、何より厄介な糞害があるでしょう。糞を残すことは、自分の縄張りだと主張する方法の一つでもあるので、住み着く前から幾度と休憩所として現れては残していくでしょう。鳩の糞をそのまま放置していると、自分の危険となる存在がいないということを認識し、休憩所から住処へと変化させてしまいます。鳥にはもともと強い帰巣本能が備わっているものですが、鳩は特にそれが強い方だと言われています。例え、鳩の侵入を予防するワイヤー式の防鳥網をセットしていても、どうにか隙間を見つけてくぐり抜けようとするのです。基本的に、鳩は執念深い性格なので、大切な家族が住む巣から簡単に離れようとはしません。

巣にて、家族だけで生活することもありますが、ときには集団で一つの住宅に住み着くことがあります。普段は気にならない鳩の鳴き声も、身近な自宅のベランダにて集団で鳴かれるととても厄介なものです。住処として認識された場所から、1羽も残さず駆除する為には駆除業者の力を使いましょう。

鳩は鳥獣保護法によって守られているので、一般人がむやみやたらに巣や鳩そのものを移動させることはできないのです。しかし、駆除業者は地方自治体から鳩を駆除して回収することを許可されているので、さまざまな方法をもって捕らえることができるでしょう。鳩の習性を把握しているからこそ、再発防止効果まで期待できます。