生活に危険を及ぼす鳩からの被害❘駆除業者が改善の鍵になる

女の人

繰り返す現地調査

アパート

悩める鳩の問題を抱える人が増えています。鳩は、身近にある公園や大型デパートの広場などすぐ近くで生息しているものです。集団行動を好むので、1つの場所に数十羽が同時に生息していることもあるでしょう。しかし、夫婦としてパートナーを見つけると一生涯お互いに離れようとはしません。それから子どもを育てるべく、安心安全に巣作りができる場所を探し始めるでしょう。鳩が、自分達の巣作りをする上で条件としているところは、天敵となるカラスが入り込めない場所です。カラスは鳩の卵を狙っているので、巣作りをする場所選びの中で最も重要な条件だと言えるでしょう。カラスも鳩も駆除が必要な害鳥ですが、カラスは同じ鳥類である鳩に対しても厄介な存在なのです。

カラスは体が大きい動物なので、住宅のベランダの中でも狭いところには入り込めません。特に、ベランダに設置されているクーラーの室外機の裏は除くことも難しいものです。しかし、体の小さな鳩であれば難なく入り込めるでしょう。そういったところを選んで、巣作りをする鳩が多くいるものです。鳩は、そういったところで数週間から数ヶ月間に渡って子育てを始めます。その際にもたらされる糞害や鳴き声被害は大きなもので、住人にとっては多大な迷惑を掛けることになるでしょう。鳩を駆除せず、糞をそのまま放置していると大きな健康被害を及ぼす可能性があるので、見つけたときにはすぐ処理することが重要です。乾燥した糞はさらにウイルスを大量繁殖させるので、何らかの形で人間の体に入り込むと、さまざまなアレルギー症状や食中毒症状を引き起こしてしまうでしょう。そういった被害が及ぶ前に、駆除業者に駆除依頼をしておくと家族や自分を守ることができます。