生活に危険を及ぼす鳩からの被害❘駆除業者が改善の鍵になる

男性

繰り返す現地調査

アパート

駆除前の鳩は自分の巣を作る為に、念入りに現地調査を繰り返します。ときには、自分の糞を残して縄張りだと主張することもあるでしょう。天敵の手が及ばないところを選ぼうとするので、住宅のベランダが格好の場所となります。

もっと読む

鳩がもたらす被害

マンション

人の生活圏内に潜む鳩は、遠目に見る分には大きな被害を感じないものですが、自宅や近所などに住み着くようになると多大な被害をもたらすようになります。その被害が拡大する前には駆除が必要になるでしょう。

もっと読む

地域で解決する

ハト

全国的に被害が発生している鳩問題は、例え自宅に及んでいなくても、放置することによって流れで被害が舞い込んでくる可能性があります。特に、大型の集合住宅となるマンションでは約1~2割がその被害を受けやすくなると言われているでしょう。鳩の被害に見舞われている住宅が一軒あり、駆除作業をすることなく放置していると、隣、その隣へと被害は徐々に拡大していく可能性があります。住宅のベランダに自分達の巣を作り出す鳩は、卵が転がりにくく安定しやすい排水口を好むので、排水がされたときに鳩が住み着いている住宅の階下には、糞が混じった汚水が流れる可能性もあるでしょう。鳩の糞には、トキソプラズマ症やさまざまな病気を発症させるウイルスが混じっているものです。気付かないままでいると、風にのって住宅内にウイルスが入り込み、人の体に進入する恐れも充分に有り得るでしょう。

鳩がもたらす問題は、すぐに拡大していきやすいという特徴から、地域一帯となって問題を解決させる必要性があります。住宅に住み着くのみならず、地域のゴミ捨て場を荒らして餌を探す鳩もいるので、被害はさまざまな現場で生じるでしょう。一度、危険を感じないとみなした場所への執着心が非常に強いので、駆除業者の力は不可欠になります。糞害やゴミ荒らしの被害はその場所でしか起こらないものですが、鳩の鳴き声は群れになると低く響くもので、精神的負担を負う家庭が広範囲に渡ることが考えられます。被害が拡大する前には、しっかり解決へ導いていきましょう。

気になる鳩の習性

鳩

生活圏内から鳩を駆除して追い出す為には、鳩の習性を知り尽くしている業者を雇うことが最も効果的だと言えるでしょう。基本的に、昼間活動しているので夕方になると活動が落ち着いてきます。

もっと読む